本当にファンて、こいつにいるのか?  中山秀なんとか…

 人間には様々な欲求がある。 108個。 性欲、食欲、名声欲、権力欲などなどそれは様々。 安定欲なんてのもある。 普通の、穏やかな、ささやかな暮らしだ。 しかし、人間はその影にやはりその逆な方にも魅力を感じる。 破滅、危機、戻れるものなら堕ちてみたい地獄…なんてちょいと偉そうに云って見ました。 不愉快を味わいたい、見たいなんてゆうのも、ない訳ではないでしょう? その食堂不味いの知ってるんだけど喰ってみたいとか。 接客も技術もない理容院でカットされたいとか。 でも、それは人間としてまだ完成されていないとも思える。 ちゃんとした大人だったら、そこまで足を踏みいれたりしないと思うんだが、それを問うていたら世の中戦争や殺人、汚職などの犯罪の類は無くなっているだろう。 人類はどんなに歴史を繰り返しても、相変わらず同じ事を繰り返している。 で、中山秀某は私と同じ年だ。 私が社会人になった時に、つまらない漫才のコンビでデビューした。 その時から山中秀某にはクスリとも笑った事はない。 むしろ「面白くない」タレントだが、私の思いとは別に、レギュラー番組は切れず、今はみのもんたのあとをになったわけだ。 番組もそつなくいい流れのようだ。 まぁまぁな司会者だろう。 見てないけど。 まさに躍進に次ぐ躍進。 サラリーマンなら常務クラスだな。 本人は紅白の司会は射程距離だろう。 でも、どうだ? こいつの事面白いと思って見ている人はいるのだろうか? 出演者は手ぇ叩いて笑って突っ込んでいるし、VTRのゲストが開口一番「今日は秀さん……」って言ってるけど、何か中山秀某がスタッフに「俺の一言一言に爆笑にしろ」「俺の番組なんだから挨拶は一番先に俺にしろ」みたいな事言ってんだろう。 勝手な想像で申し訳ないけど。 あと、番組の共演者達も腹の中には何かあるだろうな。 徳にお笑い系。 だいたいこいつ目指して芸能界入った奴はいないだろうし。 とりあえず、スタッフが大不祥事でも起こして、TVに出てもいいけどひな壇のもうちょっと後ろに何も言わずに立っててくれないかな。 あるいは、「不愉快を見たがる」と云う人間の隠れた願望をこいつに任せているのだろうか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック