今晩は 「ルパン3世 カリオストロの城」 また見てしまうんだろうなぁ

 高画質、 高音質でお送りする 「 カリ城 」 である。 私が16時に見たのでもう30年前の作品だ。 当時、 電車通学の私は、 前に座ってスポーツ新聞を読む親父の記事をチラと見る。 「 カリ城 」 有料試写会。 今はなき日比谷映画。 始発に乗って、 有楽町からダッシュ。 何時からの上映だったか忘れたが結構並んでいた。 その最中に同年代の男女と仲良くなった。 しばらくして向こうからゴゴゴと排気音。 シトロエンとフィアットが列の横を走り抜けて行く。 「 あれは宮崎駿と大塚康生の愛車ではないか‼」 私の興奮とは裏腹に、 周りはそれほど盛り上がっていなかった。 私は、 まぁ今で云う 「 オタク 」 だった。 まだ、 そう云う呼び方がなかった頃、 のだ。 見方が少々マニアックでキャラとか声優よりスタッフに興味があった。 作画監督、 原画、 背景とか。 「 あぁこの作品ではここの原画描いてたんだぁ」 なんて情報が好きだった。 ちなみに 「 オタク 」 って鴻上尚史が付けたと聴く。 今もだか分からないけどアニメファンは洋服にはセンスないし、 ダサいし、 喋らせれば独特な気持ち悪さだし。 全体的にバランス悪く出来ている。 話しかける時も 「オタクさぁどこから来たの?」 的な耳障りな不愉快な言い方で怒り倍増。 「 あのオタク野郎 」 と最初は蔑む意味があったのだ。 一応プチ情報。       さて、 舞台挨拶などがあり上映開始。 前の野郎の座高が高く画面の中央が見え隠れする状態だったが、 言うまでもないがクオリティの高さ、 「 長猫 」 「 旧ルパン 」 からのファンには嬉しいセルフパロディの連続。 当然封切りの間も3回も見に行き、 更に当時は名画座がまだたくさんあったので京浜映画、 自由が丘推理劇場、 池袋文芸坐地下など 「 ぴあ 」 を片手に 「 カリ城 」 ジプシーとしてよく渡り歩いたものだ。 当時はDVDはおろかレンタルビデオ店すらなく、 TVのカットされた放送をありがたくVHSにCMを抜いて録画したものだ。 TVで放送するたびに見ているので劇場、 VTRを含めると何度見た事か。 まぁ映画とか本、音楽はそういうのあったほうがいいな。 で、 日比谷映画で有料試写会で、 私はアニメファンを辞めた。 

 嫌な「(今で云う)オタク」にたくさん逢った。 この日はセル画のプレゼントがあり、 私は地下の偽札造幣所から礼拝堂に至る石の階段を駆け上がって行くルパン、 のをもらった。 セル画につられて来た 「 オタク野郎 」 たちはとにかく他の人のセル画も見たがり、 交換もしてもらう。 ( 彼奴らは色々な作品のセルを持って来ている ) それはいいのだ。 理解した者同士であれば。 私が嫌悪したのはまだ小学生か中学生がクラリスのセルを持っていたのだが、 言い包めてTVのクズ同然のセル 3, 4枚と交換していたのだ。 巻き上げると言っても云い。  確かに、 ああいうものは持つべき人が持って価値が出るものだろう。 子供が持っているより 「 オタク野郎 」が持っていたほうが出た所では価値が何倍にもなる。 ただな、 自分がクズだと思っているもので、 知識のない相手を騙すような行為がたまらなく嫌だった。 「 カリ城 」 を見ると時折あの 「 オタク野郎 」 の不快感も同時に蘇って来るのである。 おぉ、ちょいと社会派っぽいな。



スタンダードチョロQNo.58セルシオタクシー
おもちゃと和雑貨の店 宝作堂
箱の状態や塗装の状態を気にされる方はご遠慮ください。

楽天市場 by スタンダードチョロQNo.58セルシオタクシー の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

セルシオタクシー2004年製  51
PAOPAO
注意画面上と実物では多少色具合が異なって見える場合もございます。また、注文が集中した場合など、発送が

楽天市場 by セルシオタクシー2004年製  51 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック