龍馬暗殺まで、あとふたつき…毎週見なくてごめんね。

 正直、 毎週見ていない。 理由ないけど。 申し訳なくは思っている。 NHKにはお金払ってないし、 福山は歌手としても俳優としてもそれほど好きではないし。 と云うか、 今まで映像化されいる龍馬物、 全然見ていない。 まつわる、 岡田以蔵とか、 新撰組とか、 吉田松陰とか幕末の志士の方々のは本当に腹の底からお詫びする。 「 龍馬が行く 」 も途中で辞めてしまったし。

 あと、 大河ドラマ自体見てないな。 「 MUSASI 」 見ようか、 と思ったけど。 「 バガボンド 」 読んでたし。 見ときゃ良かった。 一回目、 裁判沙汰になったし。 本当見てない。 山田太一の 「 獅子の時代 」 からか? ありゃ俺が15ん時だよ。 あれから30本以上の大河が作られたのか。 歴史ありだな。 でもドラマだし、 現場を見た訳ではないから時代考証はあってても、 多少の解釈の違いはあるんだろうな。 「 黄金の日々 」 では根津甚八の石川五右衛門が格好良かったので殺さないでとか、 あったし。 忠臣蔵も何度も映像化されてるしストーリーもおおよそ同じだけど、 何せ松の廊下、 討ち入りはもう300年くらい前の話だから、 事実とは違ってドラマチックにした部分も多々あるだろうし。 吉良邸への道中は雪降ってなかったとか。 

そういえば話は変わるが 「 タイタニック 」 が流行った時BBCのTVの 「 タイタニック 」 が2夜でNHKでやっていた。 キャサリン・ゼダ・ジョーンズ主演。 映画とTV, スケールと上船までのエピソードの違いこそあれ、 氷山にぶつかったシーンとか、 甲板での氷でのサッカー遊びとか同シーンがあった。 おそらく過去にあった 「 タイタニック 」 物にも同じシーンあったんだろう。 歴史物と考えるとあっても当然なシーンだし。

 史実に忠実に映像化しなければいけないシーンもあるけど、 ある程度の修正と云うか、 演出というか、 方便もOKなんだろう。 で、 「 龍馬伝 」 ドラマ特需で潤った日本の各地も放送終了後は戦々恐々らしい。 一過的なブームで観光客きたけど、 冷めてしまうとなぁ、 ってところだろう。 とくに龍馬物は登場人物も有名だし、 ドラマチックだから何とかなるだろうけど、 ぱっとでのローカル歴史人物だと地元も躊躇するだろうな。 「 大文字一刀斎温泉卵 」 とか、 名物にしていいのか? 盛り上がりきれるのか? 頑張れドラマの地元。 

 ところでいっその事ある時間帯の番組は全部 「 龍馬物 」 と云うのはどうでしょう。 「 坂本龍馬 」 「 龍馬が行く 」 「 幕末 」 「 新撰組 」 「 薩長戦争 」 など、 結局全部主役は龍馬。 毎回役者が変わるし。   俺は見ないと思うけど。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック