竹内結子って、そんなにいいか?気の毒がちらほら見えた「ストロベリーナイト」

 いつのことながら、 竹内のドラマも映画の見た事無いので勝手に云って申し訳ない。 先に謝りましょう。
 スペシャルドラマ 「 ストロベリーナイト 」 はかなりの豪華キャストだった。 でも、 竹内の主役としての弱さを補うキャスティングともとれた。 どうも、 個人的には演技の端々に松たか子が見えた。 松たか子が主役だったら脇はもっと豪華でなかったかなとも思う。 原作は1年くらい前に読んだ。 話はほぼ同じ。 出だしのFのシーンはドラマではなくて、 話後半の回想というかイメージ的な映像だった。 そのせいかFがとってつけたように出て来て、  あのあたりどうなのかな? 正直、 原作はあれで面白かった。 警察内の対立とか駆け引き、裏とか出て来たけど。警察小説とホラー的犯罪、人間の抱えている闇などなど。 「 マークスの山 」 とかと比べるとやや軽さもあるが。
 2時間ドラマとしてはまとまっていたけど、 TVとして原作は厳しいよな。 「 あっさり感 」 満載。 武田鉄矢がアウトローで作品を引き締めていたけど。 でも、 こういう刑事もので、 女警部のドラマは気の毒だな。 女だけど、 女出すと格好付かないし、 やり過ぎると男の酷い所がにじみ出るし。 でも、 竹内、 型どおり感やむなし。

ところで今日は休日だったので献血に行って来た。 看護師さん、 明るい。 マスクしてたけど何となく美人だ。 話も弾んだし。 2週間後また成分献血に行きますよぉ。 で、 帰りにソファーで無料のコーヒーとせんべいを頂く。 それはある意味健康上必要なのだ。 「 せんべい 」 は広島の献血ルームと同じ銘柄だ。 決まりがあるのか?だとしたらこれは今後の課題だ。 あと、 家族で来たのか知らないが親とガキが三人、 来てた。 こういう大人の集まりに子供を連れてくるのはどうなんだろう? 17:00すぎでよ。 悪くはないが、 要はそのガキ共はジュースは飲むはせんべいは喰うは、 PCは本当に当たり前のように、 普通に使っていることに違和感を覚える。 「 小さくしてろ 」 って親が教えろよ。 付いてきて当たり前のような顔されるって私は凄く不愉快だ。 まぁガキは連れて来られたんだけど。 
 で、気付けば献血三十回。記念に変なガラスのお猪口みたいなの貰った。 うれしいんだか、 どうしていいんだか。 この世の行く末を憂いて日は沈んで行きました。

 あと松島菜々子の 「 ゴースト 」 ってだれか見たいのか? 悪いけど殆どの人は松島の事関心ないんじゃないだろうか?よかった数年前さえ否定されるぞ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック