だいたいは、しないであきらめてます。

アクセスカウンタ

zoom RSS 晴天、妻と行く「塩屋天然温泉ほの湯」

<<   作成日時 : 2011/04/05 00:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

これだから春先は嫌なのだよ 
  4/2、 早番終了後サンサンライナーで広島に帰省をする。
げ、 出勤時1時頃はまだ寒かったのに、 昼間はしっかり暖かい。
想定はしていたが、 お気に入りのハーフジャケットもいかがなものか、 と云う状態。
「 すべらない話SP 」 で大笑いして、 気が付けばいつものようにソファーに放置され3時頃ベッドに行く。

とりあえず近所に出かける
  午前中はソファーでTVを見ながらいつも通り妻のパート先の愚痴を聴く。
前聞いたよ、 なんて云ったら殺されないにしても不随くらいになるので、 「 へぇ、 そう 」 と初めて聞くかの如くうなずく。
「 食事でも 」 と、 出掛けるついでに近所で園芸市があるので寄って行く。
かつての昔、 「 海島博 」 を催した土地で、 今はサッカーのコートと違法駐車の二輪車の集積場所と更地になっている。 何年か周期でサーカスが来る。
 近所の園芸店が数店舗、 鉢物から植木、 庭の手入れのアドバイスまで樹木に係わる営業、 販売をする集いがある。 春と秋に開催との事だって。
 アドバイスとプライスダウンで結構盛況のようだ。
画像
画像
画像

でも、 売り物を撮影ってちょっとまずい。 そこそこに辞める。
「 ついで 」 のつもりがかみさん、 鉢物結構買いました。
腹も減ったし、 近所の博多ラーメンを食べて一旦家に戻って鉢物を置きに帰る。

アルパークに行く
 2月にバタバタと閉店が続いたアルパーク。確認だ。
まぁ正直どこがクローズしたか覚えていないのでどうでもよくなる。
「何々?」
ユニクロとよく似たショップが出来た。「gu(ジーユー)」だと。まぁどっちも利用しないけど。
姉妹店なのか?
ある程度大人になると、しっかりしたものを買いたいものだな。

天満屋の食品フロアに行く。惣菜店に行く。
あ、半額のシールタイムだ。いつのまに。
2割引のシールの上に半額引が貼られていく。「よし、今だ」
サラダ4品をかごに入れる。
しかし、17時頃あの山積って「売れてねぇ」感たっぷりだ。しかも単価が高い。ゴボウサラダが600円はなかろう。
半額になんなきゃ買わねぇよ、ってやつだ。

晴天、妻と行く「塩屋天然温泉ほの湯
 4/4は十七時には家を出てまた岡山に帰る。が、それまでソファーでTVを見ている訳にも行かない。
このままだと夫婦で馬鹿になる。
昨日より天気がいい。妻と短くミーティング。
かねてから何度か会話に踊った「楽々園にある温泉に行こう」と云う事になった。
正直場所もちゃんと知らない。名前もきちんと知らない。
インターネット検索でも出てこない。
行ってやろうじゃないか!冒険だ。
広電の草津駅から宮島方面行き乗る。
途中、小さな川に海からボラが登って来るのでそれを眺めていたら電車が行ってしまった。
別にいいけど。
画像


とりあえず、場所が分からないので佐伯区役所の電停で降りる。
宮島街道に出ると、おぉ、電信柱に表示がある。
指示通り歩道を歩く。桜はまだ三分にもなってない。
「季節はいつも、変わってから少し経って気が付くなぁ」

あった。結構と云う訳ではないが歩いた。
画像

大きな施設ではないか。
考えたら朝飯も食べてなかったので、レストランで軽く食べる。
だって入浴前じゃん。安いものを選んだんじゃないんだ!
……どうでもいい事でしたね。

さて、浴室は二階だ。蒲田行進曲の三九階段さながらの樹の立派な広い階段。
「じゃぁね」
男は階段を上がりきって右だ。

さて、まずは露天風呂へ。
ガラス扉を開けると右に茶色の掛け流しの温泉。
チョイと行けば海なので塩の味がする。
見回せば壺湯、炭酸湯、寝湯などまだある。段差もあるので立体感もあり、ちょっとした秘湯のようだ。
でも、TVあるけど。
壺湯っていうのは最近の施設ではあるけど、お父さん入り甲斐がありますね。家じゃ出来ないし。
ザッパーン、って上がって出てくる時は「漢」になってましたね。

とりあえずある湯船にはすべて入り、その度に「んあー」と唸る。

入浴後の施設も中々充実だ。テラスあり、ベッドありで、待ち時間も苦にならない。
画像

帰る前にもう一度レストランへ。
妻はケーキセット。私はほろ酔いセット。ビールと肴三品。
さてと思ったら
「小鉢に髪の毛入ってるじゃねぇか!」
ちょーーっと、責任者呼んで来ーい。
 なんて、気持ちよく温泉してたのにそこまでは云わない。
早速、新しい物が来たけど前より量が少なかった。
異物混入より、量目減少の方がカチンと来た。
俺が温厚だから事はサラッと済んだが世の中許さん奴は大ごとにするぞ。

ま、俺も大人だしな、妻もいるし、悪い方に持って行きたくないし、気分よく出る事にする
で、楽々園の駅は驚くほど近かった。
振りかえると「ほの湯」までの看板が無い。
インフォメーションねぇよ。俺が見てないだけか?

妻はしばらく振りの大きな風呂で上機嫌だ。
娘にもまるで自分のもののように良さを披露している。

家族とは、夫婦とはささやかなものだ。

今度は少し遠出してみよう。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
晴天、妻と行く「塩屋天然温泉ほの湯」 だいたいは、しないであきらめてます。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる