ブログ1周年記念、AVしばらく振りに借りました。

 大震災から1ッ月だ。 余震起こりまくり。 岡山は何にないっスけど。 申し訳ない。
 
それにしてもイライラする。 
頭の中心に異物が合って、 それが思考、 感情を狂わせているようだ。
また、 ウツがやって来るのか? 嫌だな。 原因は山ほどある。

私の仕事は夜勤が多い。 5日に一度は来るが、 夜勤をして1日置いてまた夜勤、 3日普通に仕事して休日。
次の日また夜勤、 というように規則性が無い。 まぁ、 個人的に希望する休日もあるので、 文句も言えない。
組織を乱すのは嫌いだ。
 どうも、 その不規則加減が不調のもと、 と以前掛った医者が云っていた。

感情をむき出しにすることはなかったが、 当たれるものなら色々なものに蹴りでも入れてたな。

 あー、 発疹でも出て分かりやすい症状だったら休めるのに。
 
会社行きたくねー、 人と逢いたくねー。
さかのぼる……8日は休日、 のんきに過ごした。
FMにメールを2通送る。
ラジオネームをたくさん用意しているので、 2通とも読まれる。
リクエストもかかる。いいもんだ。
DJにも受けていた様子。
 
 翌、 9日深夜1時に起床。 夜勤に出かける。
2時前から5時位まで一人で仕事。  気が楽だ。 ラジオに合わせて歌でも歌う。
5時過ぎから一人、 二人と、 7時にはほぼ全員出勤。

 どうも、 この9日から調子悪い。 私の仕事の半分くらいしか出来ない男が調子に乗って新人の男に注意している。
「 お前が行っている事をお前自身に云えよ 」
「 って云う前に、 お前自分が仕事出来てると思ってんの? 」 である。

 12時に退勤するまでその状況を見ていたので、 どうも経験した事のないストレスが痛んだ事のない部分を蝕んでいるのだろうか?

帰って、 二トリで買ったOL使用のカーペットに直で寝る。 しばらく振りの泥寝だ。

で、 普通の出勤パターンは、 翌10日は休日なのだが、 7時出勤。
ここから更に調子が狂う。
9日に怒られていた新人男子とこの日はペアで仕事の予定だったが、 違った。
私の仕事の半分くらいしか出来ない男が出勤している。
説明はない。
8時前に来る新人男。 
 公休になっているらしい。 どうも、 「 お前は仕事が遅いから休みにしてやるから、 一日中仕事を見ていろ!」と、 私の仕事の半分くらいしか出来ない男が仕切ったらしい。
聞いてねえよ。 本気で。
顔には出さないが凄い調子狂う。 パートナーによっては仕事の流れは当日考える事ではなく、 前日シュミレーションをしなくてはいけない。

 ささやかなシュミレーションがパー。

馬鹿の中途半端な考えは困るな。

ま、 私とてはまき揉まれて立ちすくしている新人男が仕事の希望を失わないように配慮しつつ仕事をしていたのだが、 とりあえず仕切るならちゃんと最後まで仕切ってくれ、 だな。

 で、 今日また夜勤。 身体は働けそうだが精神がちょっとだ。

こんな時はAVだ。

云いました神は。 俺も聴きました。 ちゃんと。 のがさず。
 もうDMMの60秒くらいの試聴AVでお茶を濁してはいけない。
たまにはちゃんと借りようではないか。
気が付けばAV30周年くらいだ。
俺が47だからな、 そんなもんだ。
 
 メモリアルで30周年記念のスペシャルも格安で出ているらしい。
もとAV女優、 ヒヤヒヤだろう。 

年の頃ならもう50前後。 あの時の出演作品がまさが今また再編集でリリースされるとは。 
年頃のお子さん、 へたすりぁお孫さんもいるだろう。

旦那さんは知っているのか?
他人ながらお世話になったので心配だ。

今日見たのは信頼のブランド宇宙企画の素人もの。
でも 「 これから頑張ります 」 ってデビュー作かよ。

しかくモザイク小さくなったな。
昔、 3人で絡んでると画面3/4位がモザイクだったけど。

「 2人しか経験してません 」 っていってたけど、 嘘だな。 あの女。

まぁとりあえずAVの新人女優も19, 20位でうちの娘と同じになった来た。
どう見たらいいのでしょう?
そして素人 ( 自称 ) の割にカメラ目線で達者な動き。
女は女優って云ってたけど、 目線を変えて見てみると凄い世界だ。
3Pなんて千手観音が動いているような、 そんな世界。

ともあれ会話で、 人間関係で、 世の中に苦しんだ時はAVだ。
小さな笑いと心のユトリ。
自らの体験は云えないけど、 AVになら例えれる。

AVフォーエバー。

あー、 頭重い。
イライラする。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック