だいたいは、しないであきらめてます。

アクセスカウンタ

zoom RSS 世界遺産に勝手に認定、岡山駅前商店街

<<   作成日時 : 2011/09/23 20:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

岡山駅は2010年にリニューアルされて西口も東口もキレイになった。
東口は高島屋やビッグカメラなどがある商業地区だ。
駅前にはバスセンターが広がり、 桃太郎も家来を従え駅前を勇ましく守っている。
大きな噴水もランドマークとして、 特に夜はちょいとしたナンパスポット。 チャラ男やキャバ女の社交の場として皆さんご愛用だ。


今回私が世界遺産に勝手に認定したのはビックカメラの横にあるアーケードの大通り 「 岡山駅前商店街 」 だ。
空中にひときわ目が奪われるのは桃太郎発祥の国、 フルーツ王国岡山の誇り 「 桃 」 の巨大なディスプレイがお出迎えだ。
画像


さすが岡山の玄関。
最近はおじさんたちが自転車の駐禁運動を厳しく行っているので美しい街並みだ。 やってくれる。
駅前商店街と云えば観光客にとってもその街のバロメーター。 きっとインパクト満載の桃のディスプレイで初岡山の皆さんには期待大でしょう。 
画像

岡山らしさ満載!
と思いきやここ数年は一進一退。
みやげ屋もない。 後楽園、 岡山城に通じる 「 桃太郎通り 」 の横にあるし雨の日は便利がいいアーケードも日中は返って暗くなってしまう。

昭和丸出しの食堂、 洋品店もまるで 「 残した 」 かのように今日も営業中だ。
画像


そんな中、 今日の昼食は 「 廻るすし処 シージャック 」 にする。
老舗がひしめくこのアーケードの中で、 観光客や住民からも愛される名店だ。
画像

一皿120円。 
近隣に同じようなくるくるがない。 岡山一番街にあるがここよりも高い。 ライバル店が皆無だ。 殿様商売。

さらに街道沿いのくるくるの店の規模を10とするならシージャック岡山駅前店は1、5くらいだ。
客席も40弱。 コンパクトな従業員の眼を配りやすくした店長の心遣いを感じる。
たぶん20年はリニューアルしていないだろう、 楕円に廻るカウンターの中にすし職人が手入れの行き届いたすしマシーンで握られたシャリに素早くネタを乗せて握りなおす。 なんというライブ感。
くるくると云う事を忘れてしまう。
お子様の為にティラミスやパフェといったスイーツもそろっている。
しかも注文してから出してくれるので廻っているのはディスプレイだ。 何年洗ってない? 
つーか 「 ティラミス 」 って添え書きしてなかったらわかんねぇぞ。 
醤油やガリが乗っている横長の受け皿も拭いたりするのは10日に一回かな? と思わせる艶のなさ。
廻る皿に段差を与えるために皿を乗せる台なるものが一緒に廻っているのだが、 それがまたショボイ。
何年使ってるんだ? いや、 使っててもいいんだけど、 セロテープの貼り方汚かったり手作り感がまた好感持てる。
カピカピになったすしは特性タレを塗ってバーナーで炙って美味しくリサイクルだ。

なかなか新しく握ったすしが廻った来ない。 イライラする。
しかし良く見ると常連さんたちは直接職人さんに注文だ。
今では失われたすし店本来の客との交流がここのあった。
これだから一元の客は困る。
大いに反省だ。
テーブル席もないのでファミリーは横並び。 いや、 家族とは成長すればいつしか向かい合うだけでなく、 親も子も大人として正面を、 世間を渡らなければいけない。
そうか、 ここは人生を悟り見つめ直す修行の場だったのか!
なんたる奥深さ。 恐るべしシージャック岡山駅前店。
認定!世界遺産!
岡山駅前商店街、フォーエバー。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
世界遺産に勝手に認定、岡山駅前商店街 だいたいは、しないであきらめてます。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる