おっさん野口、ぢゃない。の、愚痴

人間ある程度の緊張の中で生活や仕事をしていないとイケないと思うけど、 ここ20日間くらいは本当に緊張80%くらいでしんどかった。

10日土曜日は普通通り出勤だ。 5:30には家を出る。
自分は比較的テキパキする方だと思ってたんだけど、 最近はダラダラで一つの事をやり終えてもないのに次の事を始めるのでそのうち何やってんだかわかんなくなる。
で、 「 やば、 こんな時間だ 」 と駅まで走る。
唯でさえ走るの遅いのに、 デカイ鞄を下げているのだ。
仕事のユニフォーム、 そしてこの翌日は夜勤なのでお泊まりセットが入っている。
とは云っても下着くらいだけど。 あと、 寝るまで飲んでいる焼酎を空になったペットボトルに入れて行く。
どうもなぁ、 あのワンカップみたいな焼酎あるじゃん、 あれ好きになれなくて。
まぁ、 安く済むしな。

この日から5連勤だ。
夜勤明けは休日が望ましいが、 そうも行かず普通出勤。 そしてまた夜勤。

15日は休日だ。
何をしたんだ?
映画を見たか?

戦火の馬

いい映画だった。
出て来るのもいい人ばっか。 嫌なやつは地主くらいだ。 でも、 普通に嫌なくらいだ。 その息子もスネ夫みたいなんだけど、 ワルい奴じゃない。
でもちゃんと見れるのはスペクタクルシーンを迫力でちゃんと描いてるからだろうな。
色んな映画の名シーンも巧くリスペクト! スティーブンがやってるからパクリと云われないのはさすが。
でもマジで何でもないシーンをハッとさせるのは凄いな。
荒れ地を耕すシーンとか、 馬の脚の汚れを取るシーンとか。
で、 気になったんだけど何故キャストのトップがエミリー・ワトソンなんだ?
「 序列にはうるさいわよ 」 って女じゃなさそうだけどな。

さて、 世の中嫌なことも色々あるが休日の次の日が夜勤というのもその一つだ。
どうも一日拘束されてしまう。
幸いホテルに泊まれるようになったのが最近は災いになって来た。
夕方から電車に乗ってホテルに泊まりに行かねばならない。
まぁ贅沢云っちゃーいけねーなーとは思うんだけど、 何にでも感謝して過ごせるほど俺も心広くねぇしなぁ。
あー面倒くせぇ、 である。

しばらくぶりに広島の家に帰る。
かみさんもパートでいないのでビデオキングでDVDを借りる。 2本立てだ。

5デイズ

北京オリンピックの陰で起きていたロシアのグルジア侵攻の話だ。
へぇ、 監督はダイハード2の人だ。
大味でスローモーションが多いアクション映画を得意とする監督だ。
なんだよ、 ちゃんと社会派になったじゃねーか。
どこまでCG使ってるかわかんねーけど、 中々の迫力。 やりゃあ出来るじゃん。
しかし、 こう云うタイトル多いな。
ちょっと安っぽくねーか?

フェア・ゲーム

いとしのナオミ・ワッツ主演だ。
めまぐるしい話なのでちゃんと話しと名前を覚えてないと置いてきぼりになる。
「 どうなってんだ? 」 と話が分かんなくなると、 台詞で教えてくれたりして 「 あぁこうなってんだ 」 とうっすら分かるから呑気に観ちゃいけない映画だ。
緊張の政治戦争サスペンスが後半になると夫婦のラブストーリー色が強くなる。
しかしジョージ ・ ブッシュやライスがTV映像で出たり、 アーミテージとか実名で台詞で出たりやるもんだな。
日本じゃ考えらんないね。

しかし2本とも大作なんだけど2011年、 いつ公開ったんだ? 俺が知らなかっただけか?
ハリウッドも水くせーな。 一言云ってくれりゃいいのに。
って誰によ?

さてこの次の日も夜勤だ。
2日休日だったけど、 帰ってくるとすっかり帳消し。 気は落ち込む。
広島の家から倉敷のホテルに直接行く。
岡山の寮にしばらく帰っていない。 ゴミも出せない。 洗濯も出来ない。 深刻な問題だ。

更にここ数日、 右の首の付け根が痛い。
朝はいいのだけど、 夕方になると痛くてたまんないのだ。 PCなんかやってると痛くて固まってしまう。
以前医者で診てもらったのだけど、 首の骨がろっ骨のようになっていて骨の隙間が密着し、 神経を圧迫するそうな。
さらに、 左手の親指の付け根も痛い。
こうしてキーボードを打っている今も首と手が痛い。

仕事も忘れや失敗が目立つ。 今までやった事ないミスと云うのは長く就いているだけに落ち込み具合が半端でない。 心と身体がちょっと創痍だ。ヘタすんと鬱になってしまう。

今日はいい天気だ。
しばらくぶりの洗濯で狭いベランダに10枚はある白いシャツだ揺れている。
掃除機が巧く吸い込まないので色々叩いたり開けたり調べたが、 吸い込み口にすげーゴミが巻きついてた。
どうりでな。 隙間がねーじゃん。これじゃ駄目なわけだよ。
掃除機もメンテナンス。
今日は私の生活もメンテナンスだ。
明日からまた頑張るかね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック