俺は野良犬か。秋の胸チラとミニスカに親父心昇天

久しぶりだ。
ほぼひと月ぶり。 色々あった。
応援で倉敷に行く事が多く、 「 俺はどこの人員なのだ 」 とブレランのレプリカントの気持ちがわかるぞ。
で、 鬱にゆっくりと近づいては遠のき、 心が晴れない時間や日々が私の周りに取り巻くのであった。
季節の変わり目か、 ストレスか右足の踵が強烈の痛み、 やっッとの歩行をしながらの仕事。
「 もしかしたら今事故で休職中の ( それで私が代わりに倉敷に行っているのだが ) ヤロウより痛いんじゃないか?」 と思うくらいの状態だ。

 更にこの話は墓場まで持ってかなきゃな、 的な事もあった。
今でもグラつくガラスの心は少年の色だ。 ( 何の事だ ) 

まぁ常に心と頭に灰色の霧をまといながらの日々だったので、 食に逃げてしまった。
豪州産ビーフのステーキは硬いし味ないし分かってたんだけど、 左右のサンダルくらいのサイズの奴を 〈 2割引き 〉 のシールが張ったあったので 「 お得じゃなーか 」 と買って、 6切れくらいに切って焼いて、 それでも硬くて噛みきれなくて、 もうその食い方は野良犬のごとしだ。
人には決して見せらんないね。
でもそうでもしないと心は収まらない。
戻れ野生に。けだものに。
なまじ理性的に 「 大人だから 」 「 ちゃんとしなくちゃ 」 なんて自分を保とうとしてるから、 つまんない悩みに囚われるのだ。
喰うんだ野良犬のように。
まぁそうやってバカな自分を見つめて笑うと少しだけだが視野も広がるというものだ。 でもすぐに元に戻るけど。

この7、 8日は過分にも連休だ。 世間の3連休とシンクロして肩身が狭い。 居場所がない感が溢れている。
晴れの国、 政令指定都市岡山は駅前、 公園、 表町商店街で音楽イベント真っ最中だ。
マーチングバンドやプロ、 アマのミュージシャンがパフォーマンスしまくり。
秋の晴天の下お文化な事だ。 世間のハッピーを目の当たりにすると、 孤独が更に深くなる。
ご当地グルメの屋台にも背を向け ( 結局ひと周りしたけど ) 戦ってもないのにボロボロに負けた気分だ。

更に流行りの安い服を着たボンクラがミニスカのそこそこ可愛い子ちゃんを連れて並んで歩いているの見て 
「 そりゃ俺も在ったよそんな時 」 とは思うがもう20年も前の事だ。いかも羨ましい。でも、 かみさんがいるしな、 誰かを好きになってもそこまでだ。 新しい恋にはしてはいけないのだ。 と、 想いに蓋をし深く沈める。

あぁミニスカ……また秋の胸チラとミニスカは夏とはまた一味違ってイイんだよナぁ。
やっぱ野良犬か俺は!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック