空高し、独りうどんツアー IN 坂出

今月7, 8日と苦手な日、 祝の連休をもらってしまった。
月初めに広島の家族のもとに帰っているので7日開けただけでまた帰って来るな! とカミさんに云われここ岡山で独り連休をどうしようか、 と途方に暮れる。
イヤイヤ世間は仕事があるだけいいよ、 とか休みがあってうらやましい、 とおっしゃるが世間と同じような連休はいらんのだ。
なんだろうこの居心地の悪さは。 まして岡山は街を挙げてイベントしまくり。
世間の笑顔が嫌だ。 他人が浮かれているのが嫌だ。
同じ時間を過ごしたくない。
面倒臭いお年頃だ。

7日は迂闊にもそのイベントに近づいてしまい過呼吸と云うか、 心臓停止寸前。
夜はもう自棄酒オーバー。

8日は6時過ぎには起きてしまった。
どうするか……岡山に入ればまた昨日のイベントの続きだ。 少なくともこの街には居れない。布団の中でもがく。
今日くらいは穏やかに過ごしたい。
いったん布団から出て洗濯機にスイッチを入れる。
いい天気だからね。 お洗濯日和だ。
また布団に潜り込んでウトウト半寝しながら考える。
そうじゃん! うどん喰いにこーっと。
香川は高松に行った事あるので、 今回は四国のJRの玄関、 坂出でどうだ。

後から知ったのだがこの日の朝はなかなかの冷え込みだったそうだ。
9時過ぎに家を出る。
少々空気はややひんやりだが半袖でもオーケーだ。 日が昇り切ればまだ日中は暑いだろう。

岡山駅のホームは観光のジジイやババア、 家族連れなど沢山だ。
独り者の方が少ない。
気にしていた服装も色々だ。
ノースリーブのネェちゃんもいれば、 ジャケットにスカーフの奥様も、 Tシャツ短パンデーパックのおっさんがいたが本人はナイスコーディネート面だけどありゃ鬱陶しいだけだな。
さぁマリンライナーはホームを離れ目指すは四国。
高架下に広がるコンクリートの建築物は、 進むごとに少なくなりやがて色が変わり始めた稲穂が揺れる田畑に変わる。 長閑なもんだ。
斜め向かいのボックス席に男3人がいて、 そのうち独りのデブ ( 残りの2人もデブだ ) が癇に障る高い声で早口で何やら喋っている。 初めて瀬戸大橋を渡るらしくガキ以下のリアクション。
もうじき四国、 穏やかな海面には遠目に見てわかるくらい小舟が相当数浮かんでいる。
少し離れて進む貨物船。
ザ ・ 瀬戸内海。 行きと帰りにこの風景を見れるんだから瀬戸大橋を渡るだけでもいい思い出だ。

さぁ坂出に到着。 まだ10時半ば。
ランドマーク ・ イオンが駅前と街を牛耳ってっているかのようだ。
駅前通りを北へ、 休日なのかまだ昼前だからか街はまだ深い眠りの中だ。
この商店のシャッターは閉まったままなのか? 一元の客に坂出シティーもあれこれ詮索されたくもなかろう。
最初の大きな交差点を右に、 直進し右に見えてきたのは 「 いきいきうどん坂出店 」
でかい店内だ。 地域の食堂ってなもんだな。
うどんの他に惣菜もたくさんある。
一応食べ歩きなのでうどんのみにしようと思ったが昆布の天ぷらがあったのでトッピング。
これで290円。
画像


奥っ方に歩いて10分もしないうちに2店舗目 「 室町うどん 」
ちょっとこのあたりは食堂や商店、 飲み屋さんがる。
かけの ( 小 ) 180円。
画像


少し離れた近所に3店舗目 「 家康 」
名物の 「 かえしうどん 」 を発注。 330円

瞬く間に3食。 喰ゃ食えるもんだな。
4店舗目 やはり近所の 「 上原製麺所 」 
何だよ。 日祝休みかよ。

時間は12時前。 しまった。 今回のメイン店舗 「 日の出製麺所 」 は12時半までの営業だ。
ガイドブックを見ながら腹ごなしを兼ねてダッシュ。
おぉ、 閑散とした大通りにひと際目立つ長蛇の列。 これかぁ。
並んでみるとほぼ2人以上のグループだ。 私の様な独り者はいない模様。
サービスで日傘も配られる。 並んでいる最中にサイズ ( 大、 中、 小 ) とタイプ ( 温、 冷、 ぬる ) を発注。 しかし、 こう云っちゃー坂出市民に失礼なんだがここに集まっているお客さんたち、 街で一番垢ぬけているな。 無論観光客なんだろうけど。 逆原宿状態。
画像

さてしばらく並んで列の先頭になり、 店内へ。
20人も入れば一杯だ。 せっかく並んでまで食べるので冷 ( 中 ) を発注。
ちなみに細ネギはハサミで自分で切る。
会計は自己申告。 150円。

さて5店舗目は瀬戸中央道を超えたところにある 「 長楽製麺所 」 
中々味のある店構え。
冷 ( 小 ) 130円。
画像


駅に向かい大通りを歩く。
コンビニ、 ほか弁、 カーディーラーなど何処の街にでもあるものはもちろんあるが、 その間間は廃屋だったり、 入居者募集だったり街が下向きなのは否めない。
ま、 住んでいる人にとっては都感があるんだろうけど。
14時前に駅前到着。 さすがに朝と違って商店は少しずつ夜の開店の準備を始めている。
きっとあと数時間して陽が落ちたころは違う街の顔が現れるんだろうな。

最後の6店舗はイオンの裏にある 「 こむぎ屋 」 
かけ 300円。 ここは他店と違ってセルフではなく注文したら持ってきてくれる。
しかし客がまァ年寄りばかりだ。 私なんか若手のほうだ。
画像

さぁ帰るとするか。
結果的には味も値段もボリュームも店の雰囲気も違うけど、 甲乙つけがたいとしか言いようがないのである。
讃岐うどんハズレなし、 なんてキレイにまとめてみました。

あんだけうどん喰ったのに 「 晩飯何食うかな 」 なんてボンクラな事を考えながら坂出駅のホームから見える讃岐富士に別れを告げたのであった。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック