どうする、個室でこんなコトされて。うらはらに残念な反応だわ

前回のあらすじ
痛くて痛くて、 3回目の病院の診断は 「 脱腸 」 だった。

しかし、 10日だよオペまで。 病状が悪化したらどうしてくれるんだね! んんー。
今の職場じゃ2, 3日後に急に休みくれとも云えないし、 我慢だな。 とりあえずオペすりゃ治るんだ。

職場で上司に一応の報告。 特に10日後、 をガンと強調して。
「 あそう、 大丈夫なの? 」 
「 な訳ないでしょう、 今も痛いし、 仕事なんて無理なんですよ、 ほ・ん・と・う・は‼ 」 と
拳を握りながら云っても、 それ以上云われてもどうにも出来ないね、 な対応だ。

更にその上の上司に云っても対応は輪をかけて鈍い。
畜生、 こっちは手術を前にした病人だぞ、 患者だぞ、 現役の脱腸だぞ!
まぁしかし、 俺も普段から痛てーとか、 辛れーとか云ねーからな。
必死感が伝わらないというか、 苦痛プレゼンがヘタだな。
まぁ巧い奴もまた面倒だが。

しかし人間の身体ってある意味安心とか見通しをはっきりしてもらうと、 案外楽になるな。
以前と比べると、 痛みも緩和される。
私の場合は単純なボディだ。
もしかしたらオペばっくれても何とかなるか? とシメシメと思ってしまったが、 そんな邪念を叱るように時折痛みがやってくる。 そりゃそうじゃん、 俺って病人だし、 患者だし、 脱腸だし。

さて、 明日はオペだ。 8時30分に病院に行くのだ。
22時以降は絶食、 翌朝6時からは絶飲。
はっ、 と思い立ったように部屋を掃除する。 いや正確に云えばヤバい物を隠す。
全身麻酔がしくじって生きて帰れなかったらどうしよう。
哀しみにくれる妻や娘が部屋の片付けをしていたら、 エロDVD ( 若妻不倫旅プレミアム、 淫猥MAXセレクト ) が出てきたら草葉の陰で赤っ恥だ。

病院に行く。
病室に案内される。 じじいが3人。 「 お世話になります 」 と窓側のベッドに案内される。
もうじき50歳。 いやー、 この中に入ると何だ俺ってまだまだ小僧じゃんと思ってしまう。
3人のじいさん、 咳やら痰の絡みやら、 ナースコールまでして、 と格闘中。
常にゲーとかグーとかゲホゲホとか病室ならではの華やかなBGMだ。

ベッドの上で持て余しているとナース ( 若い ) が入れ替わり立ち替わり今後の流れを説明に来る。
処置室に連れていかれる。
ベッドに横になる。 腹部の体毛の処理とおへその掃除だそうだ。
パンツをへその下ちょいまで降ろす。
カーテンを閉めここには私とナース ( 若い ) とふたりだけ。
30年くらい前、 金払ってこんな感じのとこ行ってたな。 そんときゃ余った両の腕がねえちゃんをタッチしてたが、 ここは病院だし、 長女はナース目指して勉強中だし、 「 あぁこんな事もするんだなー 」 と父として想いを馳せたりする。
しかしもっと残念なのは、 ピクリとも反応しない事だな。
チンコの近くでナースとはいえ女性の手が動いているのに、 状態はひとつも変化なし。
いや、 したらしたで困るんだけど、 男として残念になりつつある。

ベッドの枕元に書いてあるスケジュールは14時30分からオペ開始だそうだ。
そろそろ手術着を着てまずは麻酔室に行く。
行く途中ナース ( 若い ) と世間話。
仕事とか出身地とか、 なんで家族は来ないのかとか。
「 広島住んでるし、 明日退院したら帰るしね 」 
仮に来ても夜は私の住んでいる社宅に泊まるんだろうし、 生活っぷりを後から叱られるのが一番怖いのだ。
AVを探されても困るし。 弱みだらけだ。

おぉ麻酔室、 ここもスタッフたくさんだ。
自己紹介というか姓名確認をし、 肩にやたら暖かいシートを掛けられる。
全身が白いジェームス ・ ブラウンのようだ。

診察台に寝て酸素マスクを着けられ 「 点滴しまーす 」 「 血圧測定しまーす 」 とか云いあって 「 麻酔しまーす 」 と声が聞こえると、 ゆっくり麻酔が降りて来て、 あっという間に意識がなくなった。

「 はーい、 麻酔切れます 」 と聞こえて来て、 はと意識が戻る。
と同時に空腹感も出て来る。
「 ストレッチャーに乗りますから横にずれて下さい 」 って、 術後ホヤホヤなのに自力で移動?
救急病院24時みたいにスタッフが 「 よいしょ 」 って移動させてくんないんだ。

病室のベッドで麻酔が完全に切れるまの2, 3時間薄ぼんやりしながら横になる。
で、 覚めたら点滴つけながら歩行訓練。
まぁ身体にというか、 下半身に手術危惧が入ったんだから色んなところが痛い。

水分は摂っていいのでポカリとカフェオーレを呑む。
今日は点滴のみで食事は出来ないそうだ。

イヤホンがないのでTVは見れないので真梨幸子 「 みんな邪魔 」 を読む。
イヤミスだ。 たまにはいいけど。 いっつも読めないな。

消灯時間は21時ごろで普段呑んでる時間なので持て余す。
スマホでヤフーも飽きたので眼だけでもつぶって寝れたら寝よう。

朝、 点滴をはずされる。 いやー、 一晩だからいいけど長く入院する人はずっとだから厄介だな。
朝食を食べてしばらく待たされてやっと退院。
すぐ痛みがなくなるかと思いや、 そうでなく、 でも約1週間。 もうすっかりOKだ。
我慢してりゃナントカなる、 は今回無理でした。
具合と相談しながらやってかないとな。
もう人生とうに折り返してるんだから。
なんて、 しみじみな締め方でした。 くーだらない事をこうも長々と……
画像




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック