大賀 誠は云った 「良い人じゃない、お人好しなんだ」

本当にしばらくぶりだ。
こういうの、 やらなくなると別によくなる。
そう云っては身も蓋もないが、 一番なのは心の平安だ。
穏やかあってこそ、 素晴らしい明日に繋がる。
俺はどこぞの教祖様か?

いやー、 色んな事目白押し。
職場では長い通勤労災の野郎が復帰したほんの束の間、 今度は下ネタプリンスのオッサンが病気だ、
今月末まで入院らしい。

いいな、 とよこしまにうらやましがってしまう。
俺の脱腸の時なんか、 検査は全部仕事明けで
入院、 手術は決まってた公休だ。
多分ドクターに相談すれば手術まで仕事も大事とって休めたはずだ。
しかし俺が休めば職場の誰かに負担が掛かる。
我慢だ、 指折り手術の日まで数えて仕事だ。 俺が我慢すれば……

ふと思う。
頑張ってるとか、 一生懸命とか、 まじめとか、 そんなんじゃない。
ただのお人好しだ。
病気の事云ってないから、 ほとんどの人は知らない。
当然 「 大変でしたね 」 とか 「 自分が大事ですよ 」 なんてナイスフォロー勿論なし。
まぁ周り知らないからいいんだけど、 結局自己満足か?

いるからなぁ、 迷惑かけたもん勝ちって奴。
権利、 特典使ったもん勝ち。
大変なのは俺だから私だからを真顔で主張する奴。

間違ってはいない。
しかしそんな奴に限ってまた自分が窮地に陥った時には泣いて叫んで助けを当たり前のように要求するしな。
あー、 面倒くせー。

終わったハロゥインもどうも調子に乗りやがって、 日本では良い位置に安定してきた。
ちょっとしたプチクリスマスだ。
南瓜と骸骨のくせしやがって。

ところでかみさんと11/16に宮島に紅葉を見に行った訳だ。
海抜に差があるので景勝地がまんべんなく色づくなんて事はないが、 土曜日なのでそりゃ物凄い人だった。
中国人の観光客も相当な数で、 日本人なら記念写真なんか遠慮と譲り逢いなのに、 すごいなチャイニーズ。
一番のシャッターポイントでポーズ取りまくり。 モデル並みに。 異国で。
他の観光客なんてお構いないしだ。
よそでこれなんだから、 自分の国じゃ押しのけ押しのけだろう。
画像


先週12/5は近所の岡山後楽園にも紅葉を見に行く。
3年住んで初めてだ。
天気は良かったが霞んでな
画像
かったら尚の事だったんだろうな。
これから結婚する新郎新婦が6, 7組撮影に来てた。
土地も広いし、 景色もいいし、 赤や黄や緑が茂ってていい写真が撮れたろうな。
まぁこれからの幸せとはまた別だけどねー。  悪魔かオレは。


さぁ映画の話だ。
昨年は何でも観たので12月で40数本だったが、 今年は観たいのがないのも多かったのでその半分だ。


悪の法則
シネマタウン甲南

なんか気味悪い映画だ。 しかもそこそこオールスター。
ブラ ・ ピはもうイケメン俳優卒業だな。
前のゾンビ映画あたりからシフトチェンジを図っているように伺える。
あの後味の悪さは嫌いじゃないけど。


マラヴィータ
シネマタウン甲南

どうもデ ・ ニーロのセルフパロディ映画ではないか?
設定も 「 実は……」 みたいなのはありきたりだ。 もう、 語りつくされた感じだ。
リュック ・ べっソン、 いいのは「 レオン 」 だけか?
盛り上がりも緊張感も、 なんか 「 デ ・ ニーロ出してますよ 」 で、 済ましてる感じだ。

2ガンズ
109シネマズ広島

マフォアとFBIと軍隊と警察 ( ? ) の金を巡っての戦いだ。
しかし、 ガンアクションっていうより陰惨な人殺しの連続って感じだ。
人死に過ぎ。 しかもあっけなさを越して主役を立たせるためには脇なんか使い捨てのようだ。
続編作りそうだな。

続いてDVD

崖っぷちの男
ダイハード2のテロリストの隊長で活躍した俳優が出ていた。
どうもあのオヤジ、 あれ以降は強面ながら結局気が弱いとか、 良い人の役が多い。
「 素人があそこまで出来るのかよー 」 とか弟の彼女が意味なく下着になったりとか、 でもまぁいいかぁ。
ハッピーだな、 合衆国は。

鍵泥棒のメゾット
この映画は役者で見るんじゃなくて、 やっぱ監督の名前で見るもんだろう。
誰が出ていても、 ストーリーや台詞回しで見てしまう。
そう云った意味では好き嫌いがあるのだろうか?
なんか巧くまとまり過ぎてポール・ハギスの 「 クラッシュ 」 みたいな感じがしない訳でもない。

畜生、 もう今年も3週間ちょいしか残っていない。
俺もリベンジポルノされないようにしなくては。

ないないない。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック