やっぱ、ペンペン草も生えちゃぁいませんでしたな。荒れた岡山さようなら

2か月ぶりのご無沙汰だ。
まったくもって色々な事がありました。

年の初めに上司に 「 たのむ、 もう限界だ。 広島の家族の下に帰らしてくれ! 」 と上申。

6年だ。 単身赴任6年と云うのは滅多な年数でない。
これで管理職が待っているとか、 給料が高くなるとか、 いい話など一つもないのである。
ただ齢を取るだけだ。 老いて行くだけだ。
まして、 残りの人生の方が短いし、 健康で生活できる年数だってもっと短い。
人生、 損得ではないけど、 考えないで生きてくほど純粋に出来てない。
3月まで、 とは云わないが9月くらいには帰らしてくれ!

6年の間に極力家具を増やさないようにと思っていたが、 二トリで買ったボックスとDVDラック、 それとソファーは買ってしまった。。
あと、 文庫本60冊くらい。 どうする。
広島の実家にもあるはあるは、 二十歳から買い集めて来た雑誌、 イラスト集、 など。
なんといってもあと、 ガキふたりの学習机。
小学校入った時からのものでもはやただの荷物置き場な訳だ。
二人とも学生なので教科書が多いので整理しきっていない。

と、 いうわけでまず私の部屋の本棚をあけるためにそこに収納されている書籍類を処分だ。

ガキの机ふたつは粗大ゴミで処分。
その空いた場所に私の本棚を異動。 教科書をそこに整頓だ。
その他、 今のマンションに越してきて15, 6年、 家中の収納しっぱなしの段ボールも片っぱしから廃棄だ。

しかし、 人間の欲望と云うのは果てしないものでどうせだったら、 とブックオフの出張買い取りを頼む。
引っ越し後に査定に来てくれるので岡山で買い集めた文庫本、 雑誌の類も売ってやれ!
しかし、 ブックオフで100円 ( 税込 ) で買ってる本ばかりなのでこりゃ二足三文間違いなしだ。

岡山の寮での荷造りは引っ越しの前日で、 仕事納めの日は結局職場に最後までいる羽目になる。
そりゃ私も何様じゃございません。
大きく手を振って、 惜しまれて、 なんて考えちゃいませんが、 気がつけば皆を見送る状態ですわ。
世の無常を嘆きつつ、 寮で焼酎でも煽りながら段ボールこさえて荷造り開始だ。
九割くらい済んだところで2時を過ぎていたので隙間をあけて、 布団を引いてお休みだ。

この日は木曜日で、 朝8時までにゴミを出さなくてはいけない。
岡山の分別は結構大雑把で生活はしやすい。
ざっくり云うとガラスと缶以外はほぼ生ゴミ扱いだ。
奥様のご負担がまた一つ解消ですわね。
広島なんか、 分別が多すぎてビニールとペットボトルも扱いが違う。 原料同じじゃねーのか?
可燃も生も分別だ。 あぁ、 これから面倒だ。
かみさんから罵詈雑言の日々が待っている。

で、 貯まりに溜まったレジ袋とか、 洋服屋の比較的いい袋なんかこんな時にまさかの大活躍だ。
本当はこの日には出してはいけないゴミをそのレジ袋や比較的いい袋の中にバッくれて入れて、 さらに有料の指定されたゴミ袋に入れて出す。
許してくれ、 今日の昼過ぎにはこの町から出ていく身の上だ。 イケない事とは知っちゃあいるんだ。

まぁとにかく、 日頃から貯め込むタチなので廃棄物あるは出るは。

さぁ、 定刻通り引越センター到着。
退去後クリーニングが入るとはいえなるべくキレイにしなくては。
嫌みな姑みたいに、 場所が空いたらすぐ掃除機をかける。

で、 岡山の荒んだ生活は終了だ。ペンペン草も生えちゃぁいませんな。
怒涛の広島編につづく。
つづくのか? 面倒だ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック