テーマ:男の手料理

竹輪の穴に一人で胡瓜を差し込む寂しさよ、と3月の映画

 弁当のおかずはひじきの煮物でひじきは元よりニンジン、 シラタキ、 そして今回は竹輪を輪切りにして入れた。 切干大根と同じ味付けで大根とひじきが違うだけで後は同じではいかかなものか? 誰が食べる訳ではない。 俺が喰うんだ。 なのにこの気の使いよう。 自分に尽くしている私。 で、 前回なんの時だったか、 竹輪入れ過ぎて竹輪の煮付けと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中山 忍を鑑賞できる幸せ、とこんなハズでは

 3日から4連勤 ( だから当たり前だ ) で部屋の掃除も洗濯も何もやっていなかったので、 本日5日はちょっと寝坊をして掃除、 洗濯、 健康診断、 映画メンズデー、 デジカメを入れて出掛ける用のバッグを買う、 弁当のおかずを作るなど、 考えていたのに、 帰り際 「 ここ連休取ってる○○くんのかみさんが出産予定日なんでもしかして出勤かもし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

豚汁始末記

 気象庁の長期予報通り、 猛暑のあとは大寒波だ。  一人身は寒さが身に沁みる。  食べ物くらいはとせめて暖かいものをと思うのは皆さんも同じかと思います。 と云う訳で、そんな日は豚汁だ。 ゴボウや大根、ニンジンがあらかじめ刻んで入っているセットを買い、 あとは長ネギ、 白菜、 焼き豆腐、 シイタケ、 そして豚肉。  出汁の素…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

作らなきゃよかったんじゃないか? 「 ヤマト 」

 例えば、 例えばだ。 話題のラーメン屋に行ったとする。 原材料は作り手と産地が厳選され、 仕込みも手が掛けられて連日行列満員の盛況。 いざ、 食べてみると美味しいがそれほどではない。 でも待て、 美味しくないのは、 もしかしたら俺のせいか? 舌が感じないのか? 皆幸せに食べているではないか、 旨さに喜びながら…  映画もそうだ。 ス…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

どこへ辿り着く。自炊漂流。 残暑厳しく胸チラよいつまでも。 

 かみさんがルクエスチームケースを買ってくれた。 2か月程の前の事ではありますが。 単身暮しエンジョイの為だ。 おかげで弁当のおかずの作り置きや、 唯のチン料理も簡単。 昨晩もジャガイモ、レンコン、ルクエでチン。 食材の加熱時間をある程度掌握すればいい塩梅で調理できる。 ブロックベーコンとアスパラはフライパンで。 作りながら安物のワイン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手料理暴走中。 商品名でお味を再現。お店で買ってから真似したらどうよ?俺。

 〈デパ地下〉とはもう古い言い方だけど、 お惣菜のお店は活気があって食材の青や赤や緑や黄などの色が鮮やかでいい。 美味そうだ。 素人が考え付かない材料と調理方法で目から鱗落ちまくり。 「 広島産のしらすと旬の茗荷と生野菜のサラダ 」 なんてPOPで口の中に想像の味が広がる。 値段もお手頃。 買えばいい。 200g買ったって¥600ちょい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more